ふふふ – NOKKO

黄昏が葡萄色に暮れてく よく頑張ったね白いシャツ
お日様が染み込んだ
想い出 片付けてる
この部屋に夏はもう似合わない
ふふふ ふふふ

セミが鳴きやんで 何日経つだろう
ざわめく木立が 喝采を浴びせ
愛しさだけを残した そして
あなたの手をそっと 握りしめた
ふふふ ふふふ

満ちてく月の浜には さよならもう誰もいなくなった
ポケットの ライフセーバー
涙の海から救っておくれよ
夏はもう 戻らない
ふふふ ふふふ

渡り鳥たちが 海を越えていく
私はどこへも行かないのよBaby

愛しさで胸が熱い
青いあなたの影ずっと見つめていた

渡り鳥たちが 海を越えていく
私はどこへも行かないのよBaby

セミが鳴きやんで 何日経つだろう
ざわめく木立が 喝采を浴びせ
愛しさだけを残した そして
あなたの手をそっと 握りしめた
ふふふ ふふふ