もしも、ボクが悪魔に見えたならちょっとだけボクを誉めよう白く冷たい小さな指を握り締め血が流れても遠い日のキミの笑顔いつまでも見つからないねだけどボクが悪者になればいつかは…どうか、キミは心から残酷なボクを憎み殺して傷つけた言葉が腐ってこの世を哂う赤が消えたらどうか、どうか、キミは微笑んで残酷なボクを殺して下さい悲しまないであなたが殺すと誓えば二人輝く青が降るダレか、ボクに微笑んで気づかれない真実(