The Past Day – Noa

もしも必然が本当にあるなら
こうして出逢い 離れた事もきっと

“運命”そうだったと思えるの
まだ今は寂し過ぎて 探してしまうあなたの影

「お願いどうか時間(とき)を戻して
あの気持ち思い出して」なんて言わないから
ただ私があなた想う この気持ちだけは 忘れないで…

互い分かり合い 納得したのに
あの時 笑顔で 別れを選んだのに

こんなにも溢れてくるこの涙
「大好き」と言えていた日々の自分が恨めしくて

「でもそう何かが違っていた 私じゃダメだったんだ」
そう言い聞かせるしかない
みじめな私をあなたは知らない このまま

偶然街で会い 懐かしいあの声を背に
走り出した夜に 追われるのは誰の声?
何も見ないように 何も聞こえないように
振り返らずただ走った

大丈夫いつか忘れられる
そう信じてここまで歩いて来たけど
まだ私の胸の中はあなたでいっぱい 破れそうなほど

「どうか どうか時間(とき)を戻して
あの気持ち思い出して」なんて言わないから
ただ私があなた想うこと どうか
ないことにしないで… しないで…