返信 — navy&ivory

忙しい中 返信をありがとう
まさかの表示に 心が震えた
当たり障りなく 短い言葉も
涙が出てきて 滲んで読めない
何か理由を探しては 季節の便りとか
忘れられたくない一心で 送ったりしてごめんね

不思議ね 偶然 出会す事もなく
同じ街 すれ違ってた
毎日 どこかであなたを想ってたの
宛名不明の手紙のように

あれからの間 誰にも恋せず
あなたの欠片を拾って、集めて
スクロールなんて必要ないほど
短い返事を 何度も開いて
時々届く 気まぐれな私の呟きを
そっと躱すような 突然のあなたらしい優しさ

サヨナラって文字を 打ってはすぐに消して
一人芝居 くり返してた
ほんとは どこかで答えをわかってたの
戻らない恋 気付かない振りして

このまま一度も 出会す事もなく
同じ街すれ違うなら
あなたの欠片を ひとつずつ捨てて行こう
あなたのために 私のために

忙しい中 返信をありがとう
いちばん最後の欠片は この返信