飛んで火に入る夏の虫 – MOSHIMO

開けっ放しの窓から
生暖かい風が吹いて目が覚めた
じとじとしているのはこの部屋だけじゃなくて
アタシの気持ちも一緒

要領良くやっていけない自分に自己嫌悪
オイシイ時だけ付いてくる人間関係にもう、うんざり
嫌われる覚悟もないヤツらが上っ面でつらつらと
あーうるさいな

飛んで火に入る夏の虫
右にならえ!これじゃつまらん人生
饒舌ばっかで猜疑心
鬼にバレたら舌をちょん切られるぞ
痛い 辛い キツイとか
愚痴 不満 聞き飽きたんだ
大体 他人のせいにして
のらりくらりと生きていくのか?

42℃のシャワーを頭から被って
汗を洗い流すと心まで浄化された気がする
輪廻転生かのごとくぐるぐるぐるぐる
毎日同じ日々の繰り返し

飛んで火に入る夏の虫
レールに乗ってなくちゃ嫌われちゃうぞ
変幻自在のサイコパス
そんな生き方できたらくるしくないよ
苦い 暗い 先の無い
未来じゃないきっとやれるさ
一生愛されたい
なんて保証はどこにもないよ

真夜中吸ったタバコの
煙で深呼吸した
ライターの火に集まる
虫たちの未来は知らない