光と影の時結ぶ – MooNs

時間さえ忘れるほど語り合った夜
次の日はそう大事なリハで 全員でダッシュギリギリアウト
言い訳の作戦なら予想の通りに
大失敗それでも一つになってく気がした

思い出すよ デビュー前のバンビ時代
親友とさえ呼べるアイツが
発表の日に名前を呼ばれなくて

こんなに頼りない自分より 歌の魅力もダンスも
ダントツに目立ってたクールなアイツが 涙声でくれた言葉
振り返らず走れ───

眩しさに包まれながら一つ一つの瞬間が
あの日、あの言葉にずっと繋がってるから
どんなに苦しい場面も立ち止まるなんて出来ない
追いかけるスポットライトの光は 僕だけのものじゃない

せっかくのオフなんだしたまには語ろう
例えばそう価値観とか スペシャルな夢物語
そんなには深い話した事ないのに
不思議なほど何かが一つになってく感覚

振り返れば ささいな事ぶつかり合い
気まずいような日々もあったね
変なプライド負けたくない気持ちも

すれ違うままで演じたって 隠しきれないハズなのに
名前のコールでも迎えてくれる その想いに泣かされそうで
何かが変わってゆく───

こんなに素敵な景色のステージに立てる喜び
キミと僕達を遮るものなんてない
例えばこの広いホールの客席がたった一人でも
いつだって支えてくれた分よりも 夢を魅せてあげるよ

眩しさに包まれながら一つ一つの瞬間が
あの日、あの言葉にずっと繋がってるから
どんなに苦しい場面も立ち止まるなんて出来ない
追いかけるスポットライトの光は 僕だけのものじゃない