リザードマン – MONOEYES

蜥蜴が鳴いた夜に
あてもなく歩くうちに
群れからはぐれてしまった

透き通る闇の向こう
呼んでる笑い声に
すすんで騙されちまった

これだけは失くすものかと
ずっと抱えていたはずなのに
ここからいつかは
抜け出せるかな
わずかな記憶をたどって

いこうぜ
四月の雨なら
寒くはないよね
今ならまだ追いつけるはずさ

闘うことも忘れ
怯えて過ごす日々に
鎖の痕は染み付いた

今頃はどこかで星を見てるよ
まばたきさえ忘れているよ

いこうぜ
四月の雨なら
寒くはないよね
今ならまだ追いつけるよ
ねえきっと
別れの朝には
君に手を振るよ
それまでこのままいさせて

足掻け
ひきずれ
僕の抜け殻
ここには
帰る場所はない

四月の雨なら
寒くはないよね
今ならまだ追いつけるはずさ
きっと