タクシードライバー – Mom

夜の光は切ないけど
君が思ってる以上にそれは美しい
この退屈な余興も
素晴らしい日々の憂いも
箱庭の生活を豊かにするんだ

涙を上手に隠して
今日も君に会わなくちゃいけないや
悲しい時だけ開けるドア
そこで出会える仲間も消えていった
ああ 傷の一つも癒えないけど
君が思ってる以上にそれは美しい
平気な顔で嘘をついて
今宵の歌はこれに決定
そんなに嫌いじゃないよって
きっと言うんだ
本当の気持ちは一握り
タバコやお酒じゃ到底引き出せないな
みんなラッキーでもなければ
アンラッキーでもないや
広がる話もありゃしない
さあ窓を開けて風を浴びて
あの子の言葉を反芻する
とてもクールな目で
静かに動いた口元
ザラつき 飲み込めずにいる
それを欲張りなミックスで味わおう
口をつぐむことで
見えてくるものもあるだろう
疑いもなく体重をあずけてみたいのに
暇のない僕はそれができない

タクシードライバー
僕の願いを聞いておくれ
タクシードライバー
ぐらついた瞳の奥で

涙を上手に隠して
今日も君に会わなくちゃいけないや
寂しい時だけ連なるドア
それをなりふり構わず開けていった
ああ 遊び疲れた街の灯りが
僕の頭上で砕け散った
逆さに吊られた表情
掴めない天気予報
もう優しさの雨はいらないよ
知らない誰かがまた笑い出す
それがペン先に触れて文字になれば
怖がりなあの子の足元も照らせるだろうか
照らせるだろうか
いっぱいの光で

タクシードライバー
僕の願いを聞いておくれ
タクシードライバー
ぐらついた瞳の奥で

本当の気持ちは一握り
タバコやお酒じゃ到底引き出せないな
みんなラッキーでもなければ
アンラッキーでもないや
広がる話もありゃしない