あかるいみらい – Mom

アイスクリームが溶けるその前に
電光石火で切り込んで
滑らかに頭を撃ち抜いて
首を頂いてさっと帰ろう

目指せよ 明るい未来
期待しよう 素晴らしい時代

明日の天気は何
曖昧な返しは無し
選び取る 反射的に
無駄のないクールな日々

でかい宇宙の果て
だけど皆が同じ星を見る
言葉を覚えた動物が
「おい、スノッブ野郎!」と啖呵を切る

アイスクリームが溶けるその前に
電光石火で切り込んで
滑らかに頭を撃ち抜いて
首を頂いてさっと帰ろう

目指せよ 明るい未来
期待しよう 素晴らしい時代

直立も斜めもない
不思議な空間があり
そこに僕たったひとり
そこに僕たったひとり

旅人のように風を読み
確かな道を進んでいく
最後の丘を越えたとこで
ヒールを履いた美女がワンと吠える