赤い頬 – mol-74

せめて雪のように綺麗な言葉で云えたら
それはまるで絵空事

進む深い縹
何処か知らない場所へ
空はまるで今日のよう

涙は涸れる意味を実は知ってて此処にいるの
いつも言葉は足りないままで
濁した声と白い息が混じる

せめて雪のように透明な模様でいれたら
それはまるで消えそうなこと

涙は涸れる意味を実は知ってて此処にいるの
いつも言葉は足りないままで
濁した声と白い息が混じる

涙は涸れる意味を実は知ってて此処にいるの
いつも言葉は足りないままで
濁した声と白い息が混じる