約束 – mol-74

たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、たった一度も守れなかった
たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、たった一度も果たせなかった

きっと初めからもう分かってたこと
触れないように
目を逸らしたまま
ふっとした瞬間に過ぎる不安を
触れないように
目を逸らしたまま

いつかそんな過ちがどうか救われますように
いつかこんな僕らもどうか、どうか

たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、たった一度も守れなかった
たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、たった一度も果たせなかった

叶えようと思っていた
叶うと信じていた
嘘じゃないよ
本当さ
神様に誓っても
僕は変われたんだ、ってさ
やっと変われたんだ、ってさ
夢じゃない?
本当?
頬をつねった
痛いよ

誰も愛せないのは
僕を愛せないから
いつまで経っても独りよがりさ
先に進めないのは
後ろばかり見てるからさ
こうなること分かってたんだよ

いつかそんな過ちがどうか救われますように
いつかこんな僕らもどうか、どうか

たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、守れなかった
たった一つの、たった一つの、これっぽっちの約束も僕は君に

たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、たった一度も守れなかった
たった一つの、たった一つの
これっぽっちの約束も
たった一度も、たった一度も果たせなかった
守れなかった