君に会った日は 振り向いたら 思ってた顔じゃないねすれ違えば 人はみな恋に落ちてしまう 君に会った日は坂道をスキップする
少し ちょっと湿気ってる淡い色の匂いが漂っていた 僕は知っている それを知っている苔むした水汲み井戸を思い出していた 少し ちょっと寄ってみた川辺の家はみな舟を持っていて 乗せてもらって ぽつんと浮かんで錆びかけトタン屋根なんかを思い出した 秋の梅雨の空 バイクを飛ばして牛が横切って前髪が気になってふらっと立ち寄ったお店が良かったりした 懐かしい夜空 バイクを飛ばして牛が横切って前髪が気になってふらっと立ち寄っ
夏のおわりのふたり 空に浮かんだカルピスソーダ借りてるマンガ返せなそうだ畳の上で夕日が沈む時間をずっと待っていた 今からどうしよう夜を出し抜こうあの子とUFOの出る丘まで行こう 僕らはどうだろう朝まで生き抜こう誰かSOSを出してる
ラバーよ、もう一度だけヤダわ、いつも夜中だけ だからいいのさ、危険はないぜハイウェイとばそう曖昧な返事も嫌いじゃないぜハイウェイとばそう ラバーよ、もう一度だけまだ、あとルージュだけ そんなのいいのさ、視線はないぜハイウェイとばそう一十三十一と飛んでくライトハイウェイとばそう
ああ 水面がゆれるゆるりゆらゆくああ 舟は静か何も言わずゆく と と と 鳥が鳴いたぴゅるりるら鳴くか か か 風は静かあなたがこぐ舟 水面がゆれる えっさほら、ほやさふたりはゆるりゆら、ゆく
春はひとり いつもひとり愛してるよ 夜明け 秋のにおい 冬のひかり愛してるよ 夜明け 春の麗にひとり ぼっち 君はふたり いつもふたり愛してるよ 愛してるよ愛してたよ 夜明け
昔から大事にしてたものもいつの間にか見当たらなくなるよ今ではもう 東京はアクマのはびこる街と大げさな装備で旅立てど構えた銃には的が無かったのさ 脱いだら自由にまわるよ 今ではふたりは逃げも隠れもせずにふたりで歩いた道を霧がかる山間に涙を流した春を すりガラスの向こう塩かけたスイカの味
夏がきたらあの人なんてさ、忘れてもいいスイカの皮の上に横たわれば涼しげだから 僕はいつもプラスティックの壁を登ろうとしてる暖かな光が差し込んでるのがそこからだから 大海原へいこう それは僕の遺伝子の中に隠れてるらしいおかげで潮騒の聞こえる方へと歩いてゆけるのさ
どこに行こん やまへ行こじゃ祭りだらあにょかもん かんもかもじゃ祭りだら あにょしたあろん おどったあろじゃ祭りだらあんでおどったあろんあにんかもん おめえはだいどうだいでもよけじゃ 祭りだら
What am I waiting forWhat am I What am IWhat am I waiting for もう
I do believe I’ve found it now真相はreal, 過剰なfeelEverything changed 予告はなくあなたをさらってしまった Midnight wind残された影に手を差し伸べても すり抜けてゆくWhenever you are here, whenever
苦しい 恋ならしたくない 切なくて悲しい思いは もう それなのに何かが起こりはじめてる 覚えのある 目眩のようなどうしようもない 戸惑いに似たあたたかなもの寂しい 叫び 体中に響いているようなやさしいものWhat’s going on? 静かな 横顔低い声 すれちがったあとその匂い 関係ないよと何気なく言えば 覚えのある 目眩のようなどうしようもない 戸惑いに似たあたたかなもの寂しい 叫び 体中に響いて
Is it me in the mirror(Oh) I can’t believe this is my reflectionSuddenly, I’m
Dreams comeDreams goDreams come I’ll keep you warm and I will hold you in the
You say you do, and then you don’tYou say you will, and then you
Standing under a velvet skyThe stars are shinin’ in your eyes andNothing else ever
迷路の中でまよいつづけている日々でも必ず始まりはその心の中にある And I know and I know… Spinning around it’s a beautiful day答えはいつも circles見つけるのさ beautiful day時は
逢いたい時には走るよ この brand new Rolls電話はno no no…勝手にさせてit’s my choice 時にはto be poorOh!そうto be stinking rich決めたらbigger than
あなた 時に 私の知らない顔を 見せるけど 知らないあなたは 何を見つめてる ねぇ 何を思ってる眩しさの裏側で さびしさが影を増す I’m sitting in the dark 暗闇を抱(いだ)く見えない扉たたく星のない夜空を戴(いただ)くいつもin the dark 愛し方が 足りないせいなの? Ohもっと 愛せば でも どうすればいい? 無言でやり過ごす あなたは微笑むけれどそれが答えというなら これ
I would if I could say noBut I can’t let goNo matter what I
霧の中ひとり 迷う what to do and what to sayAnd so many times 答えさえない another way 終焉のtrouble 平和へのsharp glance動き出している 騒ぎ出している今 感じる change my heart Let