牙と翼 – Mayn

誰もが望む空など無いと
雲の切れ目をなぞって消す Foggy Days
少し踏みしめた
たわいのない希望でさえ
表と裏揺らいだままで

重さに秘めた傷の記憶も
優しい嘘も
立ち尽したこの身をただ
ひそやかに押すだけ

羽ばたくのなら、鎧を捨てて
つかむその手を二度と離さない
暗くても
聖域でも
いっそ誰かの道、迷わせても
霧の向こうに広がってるだろう
光る海
きっと本当の色見よう
邪魔なものは置いてゆくんだから

壊したぶんだけ臆病になる
自業自得と笑うよ Ridicule Myself
投げやりな必然
眠れない夜に惑う
ヒビだらけの宝石ひとつ

残るものが痛みだとしても
替えなどきかない想い
そのためなら獣になる
牙は生やせばいい

羽ばたくのなら、鎧を捨てて
つかむその手を二度と離さない
未完成だとしても
いっそ言葉だけを重ねるより
この胸にある熱き魂の叫ぶまま
ずっと抱きしめていたいと願うよ、ただ
信じることの奥
風と響け

気づかされたよ
変わるための翼
鋼の爪から守るなら
いつでも
そのためなら獣になる
牙は生やせばいい

ともしびは今、炎をまとう
遠吠えのなか、燃え尽きようとも
ルールさえ変えてみせる
抗いの印は牙と翼
霧の向こうで伝える未来と温もりは
きっとふたり繋ぐ鼓動
そこにはまだ信じることがある
牙と翼が導いてゆけ