向日葵 – manaco

黄色い廊下 交わしたバイバイ 叶わない またね

思い出してるいつもの笑い声
9月のまだ暑い放課後で
ひとりきり僕にはこの青空の
オレンジが眩しすぎる

そっと誰にも告げないで
命を絶った青の日

忘れられない青空見つめる
向日葵のように眩しい君に
手を伸ばしてももう届かなくて
「ああ、サヨナラ」消えてく

あるはずだった君の未来を描き続けよう

確かに君がいたことさえも
鮮明に消し去られてく また

忘れたくない青空見つめて
向日葵のように眩しい君が
奪われないように手を伸ばしても
「ああ、サヨナラ」消えてく

そっと咲き誇ってパッと消えていった
変わらず綺麗な姿で 空に飛び立った君と
踊ろういつまでも時間を忘れて会いに行くよ

忘れられない青空見つめる
向日葵のように眩しい君に
手を伸ばしてももう届かなくて
「ああ、サヨナラ」消えてく

消えてく