ふたりで目覚めたら — MAMALAID RAG

睡けを追い払う きみの表情
射しこむ 光が眩しい

しわしわのTシャツ 少しはだけた肌が
射しこむ光に眩しい

窓辺に零れ出した
空の濃い藍が
ごらん 僕らの白い朝に
色を点けるよ

ふたりで目覚めたら
すべて振り出し
このまま記憶を失くして
生きてゆけたらいいのに

きみを愛するために
これまでずっと生きてきたようだ
部屋の鍵(キー)はポケット
靴紐を結んだら
小鳥の待つドアの外へ

僕ら以外のことは
そうさ パン屑と一緒に
小鳥に蒔いてあげよう

覗きこんだきみの
瞳の濃い藍が
胸の画用紙 鮮やかに
色を点けるよ

ふたりで歩いたら
いつもはじまり
帰り道さえ忘れて
優しい歌のリズムにあわせて
新しい風の中を