三角公園 – Maki

拝啓 変わり果てた街へ
いつも通り歩いてみたが
忘れたくないものが
忘れ去られて行きました

拝啓 変わり果てた街へ
いつかぶりに歩いてみたが
飾らないところが好きだったのに
飾られて綺麗になった

夜は少し冷え込むから
酒を買って酔っ払っていよう
濡れた遊具に 座って話そう
歳をとっていくことも

僕ら夜空に歌いながら
ずっとこうしていられたら
僕ら夜空に浮かびながら
雲になって欠伸をしよう

月時計の影を 見つめて数える
時間より少し 遅く歩いたなぁ

僕ら夜空に歌いながら
ずっと赤い顔で
僕ら夜空に浮かびながら
歩こう

僕ら夜空に歌いながら

僕ら夜空に歌いながら
今日までのこんな日々が
僕ら夜空に浮かびながら
これからも僕の全てで

変わりゆくものに 流されながら
変わらない事に うんざりしながら
君を連れて行こう ノロノロ歩いて
形ないものを 落とさぬように

拝啓 変わり果てた街は
まだ僕を愛していた