闇色の朝 – Maison book girl

闇が降る、暖かい雨。
遠い砂漠、知らないまま。

足元に咲く世界は歪んでる。
優しいままで。

遠く眺めている、あの街の光を。
消えてゆく君の手を今も繋いでるの。

青き小さな体。
窓の中で嘘は影に焼きついて、誰かを待っていたの。
笑う声が砂漠を照らし、虹を作る。
線をなぞる指先が雨を降らした。

雨の粒、音を鳴らす。
蟲たちの電車が来る。

橋の上見つめた、君の濡れた髪は消えてしまってもいいの。
小さな事だから。

冷たい涙が宿る、時は止まり。
裂けて漏れてく喜び。光が闇を造る。
森と夢も、海から消えて虹になって。
誰を許せないまま時間を無くした。

闇色の雨が降る日。
鮮やかに晴れた夜。