悲しみの子供たち – Maison book girl

冷たい夜が今、透明な息をする。
降り出す雨はいつか公園の影を切る。

正しい間違いを波の音さらってく。
落ちた虹色に悲しみが手を伸ばす。

誰もいない街の中、時計の鳥は鳴いて。
海の底で涙を垂らしてる君を消してるの。

悲しみの子供たち。
いまも、どこか、一人きり。
海に流した指輪。
君の声は揺れてるの。

滴る地下で嘘をついて色を買う。
仮面の中で笑っていた黒い人。

高いビルの屋上で今、鳥になる。
なにか変わるかな。透明で描いてる。

僕もいない街は今涙が溶かしてゆく。
君に書いた手紙は白く濁って汚れてくの。

悲しみの子供たち。
いつも、ずっと、笑ってる。
夢を食べた鯨は君の声で揺れてるの。