ランドリー – Maison book girl

何を求め、彷徨ってる。
それを捨てた意味はどこ。
悲しむのは誰かなの。
時は流れ忘れてゆく。

欲望だとか悲しみは。
君がくれたプレゼント。
気づかないで繰り返す。
薄れないのいつまでも。

交わした声と溢れた水に浮かぶ言葉
揺れるベッドはもう誰もいないの
誰かの嘘を全部連れ去る鳥が飛んで
また明日ってね優しく笑って空を切る

最後の今日はもう来ないの
重ねた体はちぎれてく
最後に見た夜の海には
綺麗な光が立つ

さよならした君の声は。
今は二度と。聞きたくない。
乾いた空晴れている。
雲は流れ色を消す。

冬の気配がアスファルトに佇み混ざる
切り取られてる写真を眺めて
涙の跡を指でなぞって消したあの日
もういいのかなって癒した傷も捨ててゆく

最後の夜はもう来ないの
鮮やかな色壊してゆく
最後に見た屋上の上
汚れた光が立つ

最後の今日はもう来ないの
最後の夜ももう来ないの

今も嘘をついているのは
紛れもなく僕だった

鳥が鳴いた音がなくなるまで
夜の海に消えた僕たちの唄