シルエット – Maison book girl

左目の窓を覗いた。海が鳴り流れた雲。
風が吹き、葉の上に涙が落ちて石を蹴る。

指先で綱を引く消える人。
嘘をいつも追いかけては。
届かない手紙を書いた朝は。
誰もいない街歩き出す。

電信柱の影が、枯れた桜の木に重なる景色が通り過ぎ。
夏の雨は時をかけて写す、神立ちを呼ぶ声。
蛙が船を漕いで歌い、宿した。

柔らかな光の淡い恋は、線路沿いで息をしてる。

僕らは光を抱いて花束を流した。
新しい涙咲かす。
鮮やかな霧に包まれてる道を通り過ぎた街で、言葉を紡ぐ。
鐘を鳴らし、授ける。