嘘のつき方 – LOVE LOVE LOVE

風が吹き荒ぶこの国の主は
どうしていつも伏し目がち 何か言いたそう
部屋の片隅でぼんやり光るテレビ
「あしたの天気は曇りでしょう…」と誰かが呟いた

僕らは嘘つくよ 平気で嘘をつくよ
でも正しい嘘のつき方 出来ているのかな

暗い路地裏に白い雪が舞い落ちる
疲れ果てた街も嘘みたいにキラキラと輝いて
飾りはいらないと話してた女の子も
口紅を一塗りして今日はダーリンダーリンするのです

僕らは嘘つくよ 平気で嘘をつくよ
でも正しい嘘のつき方 出来ているのかな
笑えたら 笑えたら 僕ら笑い合えるなら
冷たい手を握り締めて そっと嘘つくよ

移りゆく時代に惑わされぬように 僕らは歩いて行かなくちゃ
夜の喧騒に差し込む月光 今宵の街を優しく包む

やるせない夕陽より 信じれる朝日を見たい
だから少し夢を見させて 明日へ向かうため
笑えたら 笑えたら 僕ら笑い合えるなら
冷たい手を握り締めて そっと嘘つくよ

今日も僕たちは誰かに嘘つくけど
でもひとつつけない嘘がある 君のこと愛してる

コメントを残す