Time Line – Linus

タイムライン覗けば
素敵な世界が広がっていて
雨粒くらい小さなハートマークが
何よりも意味を持った世界さ
Don’t know why

君と眺める景色には
加工もフィルターもいらない
君の作る手料理には
五つ星レストランも敵わない
ハイチーズも悪くないけど
シャッター押し忘れるくらいの
瞬間で満たしてよ
目の前の君を独り占めしたいから

いいねとか映えなんてどうでもいいや
偽りのない僕らでありたい
I don’t need 誰かのJudgment
Don’t care 比べることもない
Something ここにしかないもの
記憶に刻むよ

タイムラインの君は
いつもとは少し違っていて
どれもキラキラ輝いてるのに
どこか虚しそうにも映るよ
Wonder why

Can you hear me?
着飾った姿は
息を飲むほどに素敵で
ずっと眺めていたいけど
部屋着の君が1番だよ
気付いてその魅力に
コンプレックスさえ
僕には愛おしく思えるよ
自然体の君に敵うものはないから

僕はいつだって君のUmbrella
降りかかる悲しみを跳ね飛ばす
I don’t need 君以外何も
Don’t care 卑怯なAnonymous
Someday この長い雨も
降り止むの?

無意識に開く扉
Follower名乗ったHater
満たされていない人たちのフラストレーション
どんな心ない言葉も
何度だってOver write
No cry no more
I won’t let you down
馬鹿げた世界には興味はないShut out

いいねとか映えなんてどうでもいいや
偽りのない僕らでありたい
I don’t need 誰かのJudgment
Don’t care 比べることもない
Something
ここにしかないもの
記憶に刻むよ