Mercy – Linus

誰のせいじゃない
今日もくだらない
後腐れない
満たされない
愛情のない交わりを
その後遺症はどのくらいだ
相当ヘビーさ

君はもういない
そこにはもういない
誰も愛さない
始まらない
から終わらない
それでいいもう
二度と味わいたくもない
抱えた病は全部自業自得

愛の才能ない だけどまた
愛を求め彷徨う性
虚しさ襲う
自ら問う
その先には何が残るの

誰か僕を裁いてよ
手荒くしたって構わない
慰めはいらないよ
まだ間に合うなら
汚れてしまった手を伸ばして
命乞いする様を笑って
求めていない 優しさなんて
荒んで 不安定
理解不能で結構さ

人で溢れれば溢れるほど
ただ孤独なこの街で
寂しさ持て余しても
強がりを吐き出しては
苦笑いさ

代わりなんてもう
いないどこにも
わかってても
誰かに君を重ねるよ
手を伸ばしてみても
振り向けばほら人違い

愛の才能ない だけどまた
愛を求め彷徨う性
虚しさ襲う
自ら解く
その先には何も残らない

誰か助け出してよ
変わり果てたこの僕を
冷めきった心も
まだ間に合うかな
差し伸べられた手を掴んで
出会いも別れも受け入れて
また違う誰かを愛して
愛して 愛してく
そんな生き物

誰か僕を裁いてよ
手荒くしたって構わない
慰めはいらないよ
まだ間に合うなら
汚れてしまった手を伸ばして
命乞いする様を笑って
求めていない 優しさなんて
荒んで 不安定
理解不能で結構さ