時間の風 – Lia

何かを探して
走り続けてきたの
時間(とき)の風だけが
ただ冷たく 通り過ぎる

追いかけてきたものが
何だったのかさえも わからず
ただ暗影の中で 光求めて

美しい その心
この手で触れられたら
もうこれ以上 孤独なんて
ありえはしないから

自分らしく生きる
今日(いま)があるはずだから
怖がらずに 歩き出そう
未来が待っていると 信じて

黄昏輝く 夕暮れ
溢れてくる 涙の色はもう
昔と少し違うかも

幼い頃はもっと
無邪気だったような気がする
かすかに残る 面影(おもざし)
蔭(かげ)らず 残す

眩い その瞳に
誓うよ、全てを賭けて
再びこの惑星(ほし)の上に
生まれる事が出来るなら

自分らしく生きる
自分のために生きる
あなたがいる
今(とき)と共に
ここに生きてる事を 歌おう

眩い その瞳に
誓うよ、全てを賭けて

自分らしく生きる
自分のために生きる
あなたがいる
今(とき)と共に
ここに生きてる事を 歌おう