私の履歴書 – lecca

目の前にあるのは一枚の紙 気付けば楽しい季節も終わり
誰かがこの紙を持ってきた
何のへんてつもないこの紙の上に 私の歴史が入るわけないのに
ためしに書けるだけ書いてみよう

別になにひとつ 目新しくない
育ったのは郊外の街 多感な兄弟
選択の余地などあるはずもない小学校
親と家庭の事情で選ばれた中学校
それを引き継いでいるような高校 いつだって点数もみんなと同等
思えば大人が決めてきた方向 私に何が選べたのだろう
書けと言われて書いてみたら 味気ない人生に見えてきたが
私は知ってる、こんなんじゃない 流した汗がここには載ってない

書き込めないものが多すぎる 人を愛した記憶、いつか果たしたい夢
書き取れないものこそがmy life だれにも似てない私の道

資格の欄がだいぶ大きいもんだ、と
困ったのは一瞬のこと 別に痛くない
私はまず私であるということが無敵の資格
足りないのは これから補えばいい

書き込めないものが多すぎる 人を愛した記憶、いつか果たしたい夢
書き取れないものこそがmy life だれにも似てない私の道

いつか偉大な大人になるんだと 決めてた小さい私は遠い過去
社会はツワモノどもが夢の跡 でも昔よりひらいた心の窓
履歴書書くなんてムリムリ… 紙にとじこめるなんてムリムリ…
決められた形式にはとてもムリ 一年を一行だなんてムリムリ…

書き込めないものが多すぎる 人を愛した記憶、いつか果たしたい夢
書き取れないものこそがmy life だれにも似てない私の道

コメントを残す