gerbe – LAREINE

この花のキラメキ
色とりどりの気持ちに染めて
君にただ届けたくて
そんなトキメキ
この季節にはいつも感じてた

~今、始まる儚い恋の予感は
穏やかな風が伝える
君を連れてきた小さな春もなぜか
不安げに花にとまった~

もう忘れたはずのそんな季節が
また巡り僕に近づく
ほら、君のはしゃいでた姿が今も
僕の目に映し出される

この花のキラメキ
色とりどりの気持ちに染めて
君にただ届けたくて
そんなトキメキ
この季節にはいつも感じてた

まだ冷たい白い雪が空から
降り続いているのに
なぜか心だけ春に誘われ冬の森の中、
抜け道を探す

この雪のキラメキ
色とりどりの気持ちに染めて君に
ただ届けたくて
そんなトキメキ
この季節にはいつも感じてた
気持ちを涙に変えて

鮮やかすぎる記憶に散りばめた
夢見て幻想に溺れた一輪の花
溶け出す涙は
すぐに凍り出してゆくよ
季節は問いかける

「今、僕が君の為に出来ることは
両手で抱え切れない花達を咲かせる事で
今すぐに君に逢うことが出来ても
きっと傷付けてしまうだけ」

鮮やかすぎる記憶に散りばめた
夢見て幻想に溺れた一輪の花
溶け出す涙は
すぐに凍り出してゆくよ
季節は問いかける

君を思い出す度、季節は問いかけるよ

コメントを残す