雨脚は絶えず強か足先から染み付いたいつに無く歪んだ近況変えなきゃ 雨が止む迄に でも濡れた画面は操作が効かない削除が効かないんだ Babyでも濡れた画面は操作が効かない削除が効かないんだ Baby 湯気立つ網膜だけに君を押し込めて画一性ない明日を再構築したい でも濡れた画面は操作が効かない削除が効かないんだ Babyでも濡れた画面は操作が効かない削除が効かないんだ Baby 肌を刺す様な 夜の光混ぜても混ぜても溶
躍起で想像日出生む 影画狭くなる 視野と聞く囀り どこに線をどこに区別を?枝分かれ 今に至ってる 特異思考 未来担う密める可能性価値見出せないような 枷になるなら吸う空気選ぶ環境に飲まれぬように 繋いでく中で少しずつ変化していく問えばいい今心酔でできているかを 「当たり前」に圧殺されないように 前だけじゃなく全方位揺れ進む群集心理 徐々蝕む 繋いでいく中で少しずつ変化していく一度離れたものを緩く重ねる 躍起で想像
暫時雰囲気は敵わがまま滑走姿勢猫背中でゆとって達そう交わる計画低画素でもmake upする生活は表現研究促進する白紙に戻しても滲み出てくるし慈しむ拙作は変貌の糧時にチープな発想 力を増す我流任務全う 耳貸せよカス故に理に適うような言葉じゃない歯止めはないRhythmでHighはい微細な耐気廃棄唾液出ちゃうようなFunkに根差したアートを追求する緩く不安気も鼻で歌う緩く怠く頭痛でも奏で歌う I know w
リナリア覚め重ねど目で追った指先 誰が為に?平凡死守し 息止めるなら一時の勢いで進めばいい メモの一文に過ぎないメモの一文に過ぎない 瞞しの自由を手にしたまま歪な日常を受け入れてください瞞しの自由を身に纏ったまま雲も掴めればユニコーンにも乗れる 好日迫り 心当て淡い中間色に脳内変換 理由豊作でもなきゃ味わえない水のようなベッド スーペリア メモの一文に過ぎない正攻法だけじゃ彩れない 正攻法だけじゃ未だ彩れな
狂って回って目があった想定外も如何に嗜んで肥沃にするか価値観生む不毛 交わって行こう絡み合ってても一つで見ない どこ行くにしても必ず素意抱いて秘める秘めないは気分次第で忘却の彼方へ飛ばされないように 開いた目に映るものだけじゃなくて遠く感じて噛み砕きたいんだUnderstand what you can’t see日々に散らばり埋もれた観点全ては見つけ出せないんだ 奮って砕けばきっとわかるはず恐れで