無煙狼煙 – KREVA

俺が今からあげる狼煙は無煙
感じ取れた奴らから踊りまくれ
目には見えないが心に燃える炎
目指して集まった奴らがノレる音
背中を押された奴らの連鎖反応
が蹴飛ばすだろう 閉塞感を
そして火のないところに立つ煙
その煙昇る天空で待つMC
That’s Me

卵が先か 鶏が先か
今どっちがさきでもかまわないし
考えてみたところで分からない
考えているだけでは変わらない

花が先か 種が先か それも同じ
考えといてもらおうか 誰かさんに
俺は自ら種まいて刈り取り 育てる荒れた大地

拾っては避けてく石ころ
そうやってできて来た 道無き道を通る
死にものぐるいの日常を
止めることなんてなかったんだ 一度も
感謝する 先人たちの轍
だけど それ通りには進まない
先人たちだってそれは望まないはずだ
俺は俺でこのままいく

ちゃんと手抜かずに続ければ
得られる賛同 生まれる感動
エンジョイして援助してくれる
全女子男子にリスペクト 送ろう
ふみ鳴らす足音で地盤を固め
徐々に積み上げて変えた眺め
その中で経験 数々の別れ
涙は降りしきる雨で洗い流せ

見せたくない 泣いたツラ
俺はここの開拓者
はじまらない 俺がいなくちゃ でも
いなくなったらどうする?
残されたみんなが苦労する
だから 一か八じゃなく
確信持って残す 俺が生きた証

俺が今からあげる狼煙は無煙
感じ取れた奴らから踊りまくれ
目には見えないが心に燃える炎
目指して集まった奴らがノレる音
背中を押された奴らの連鎖反応
が蹴飛ばすだろう 閉塞感を
そして火のないところに立つ煙
その煙昇る天空で待つMC
That’s Me