azure blue~天色の架空線~ – KOTOKO

つぶやいたあなたの顔を見れず
俯(うつむ)いた5月の交差点

この町の空は青すぎるよ…なんて
少し眉を下げて笑う姿
霞んだ幻

あの日のことは間違いじゃない
思い出すけど後悔じゃない
一つ残らず意味があったと振り返る空
大きくなったと驚く瞳に
いつか会いたくて

錆びついた線路の傍(わき)の窓辺
見上げてた9月の架空線

小さな嘘つく日々に疲れ果てて
痛いくらい握りしめたペンで記した
さよなら

あの日のことも間違いじゃない
終わらせたけど忘れはしない
決して誇れぬ物語でも紡いだ時間
胸を張れるように
新しい風と今を生きるだけ

埃被ったアルバム <何回>
焼けた背表紙なぞった <超えただろう?>
もしも…だなんて言わない
それは無いから

負けたとしても間違いじゃない
迷えるのなら終わりはしない

選ぶ全ては間違いじゃない
そして“私”ができるのだから
決して誇れぬ物語でも紡いだ時間
胸を張れるように
新しい風と今を生きるだけ
天色(あまいろ)へ歌う…