あの日の君へ – KOTOKO

やわらかな風に
飛ばされて消えた
わたぼうし追って
迷い道 君を見つけた
寒がりな僕を
暖めてくれる
ひだまりの笑顔
なつかしい木綿の匂い

不器用に抱きしめた胸で僕を見上げて
“信じてる…”何もかも
今 僕に預けて

時になぜか 寂しさは
胸の隙間 すべりこむ
だけど君がここにいるから
明日が見えるよ ほら

丘に立つ君の
長い髪揺らす
夏の風 遠く
君のふるさとへと運ぶ
振り返る笑顔
木漏れ日が揺れる
いつまでもそこで
輝いてほしいと願う

次々に生まれては消えてゆくシャボン玉
遊ぶ君 ふわふわと
空まで舞い上がる

時になぜか 幼さは
時計の針 巻き戻す
いつか君が消えてしまうなら
あの日に閉じ込めたい

今日も 明日も あさっても
10年後も 千年後も
君の頬に おやすみのくちづけをしたいから

時になぜか 切なさは
風のように吹き抜ける
だけど君がここにいるから
涙も乾くよ ほら

コメントを残す