Akari – Kitri

いつだってそれぞれを包み込む
どこか古めかしい匂いも良い
つい寄り道したくなるような明かり
そばにある

なだらかな坂道を下りてるって
少しだって想像したくないな
前だけ見よう見ようと今日も変わらず
歩いてる

どこまでも続くと信じるだけで
甘い夢の中にいられた幼さ

やるせない午後の雲 抱えきれぬ空に雨
すれ違った誰かも同じ気分でしょうか
忘れない いつまでも その言葉はまだ早い
君ほどの愛 見つけるまで

今だって日に日に色褪せてる
誰だって分かってる 分かってるけど
だからって次、次とついていけずに
時は過ぎ

新しい風の方へ向かう人たち
目まぐるしく世界が変わる寂しさ

枝のように伸びている 遠い先で待つ未来
君はここにまだいてくれるのでしょうか
巡り会う悲しみは 止めどなく流れゆく
無常な街でふと想うの

窓辺で見た蕾が大きくなってる

いつだってそれぞれを包み込む
どこか古めかしい匂いも良い
つい寄り道したくなるような明かり
昔のこと