小さな決心 – Kitri

引き出しの奥で消え入りそうな
小さな声うずくまっていた
安らぎ求めて ひたすら飲み干した
見かけのいい空っぽな文字の羅列

夜明けを待ちわびて 待ちくたびれ気づいたこと
扉を探すには 手を伸ばし触れてみること

今 渡るよ
砕けた心 繋ぐ橋
どこじゃなくどう歩むか
今 さよなら
繋がれた鎖をほどいて
眩しい日々 強く強く踏みしめるよ

埃を被って忘れられていた
言葉の欠片 散らばっていた
沈黙の夜はここで終わりにして
見覚えある頁の角を握る

震える眼差しで 闇の向こう見据えてみる
思いを定めたら 凛として立ち上がるだけ

今 光るよ
暗がりな心 照らす星
みなぎる力を糧に
今 始まる
重ねてきた昨日を信じて
愛しい日々 ずっとずっと守ってゆく

夜を越えたら 憧れた朝
聴こえるように 声の限り響かせて

新しい扉の先へ

今 さよなら
眩しい日々 強く強く踏みしめるよ