春を待って – KANA-BOON

街がまた生まれ変わるように模様替え
表情を変え 足早に過ぎ去る季節
昨日今日でもう違った顔で
僕らただ置いてかれぬように心の衣替え
新しいコートはあまり似合ってません

雪やこんこん 霰やこんこん
降っては降っては降り積もる
空気はどんどん 眺めはどんどん
白く染まり きらきら

何回も もう何回も
見慣れた景色に新しい足跡をつけて
燦然と光る日々へ繋がりますように
淡い願いだけ抱いているよ

君はまだ雪の下 種のようなもの
芽吹くまでもう少し時間がかかります
きっともうちょっと待てば

雪やこんこん 霰やこんこん
降っても降っても降り止まぬ
空気はどんどん 身体はどんどん
冷えるけれど それでも

何回も また何回も
いつかは迎えに来る春の足音を待って
燦然と光る日々へ繋がりますように
強い期待だけ抱いて眠ればいい

浮かれる犬のような純情な気持ちでいたい
丸まる猫のような気長さでいたいな
けれど気がつけば今日も追われ 終わらない冬の中
雪解け 壁掛け時計を眺めながら待つのさ

何回も もう何回も
かじかんだ手の先
それでも触れるまではまだ
何回も また何回も
いつかは迎えに来る春の足音を待って
燦然と光る君に出会えますように
期待と願い抱いているよ