イコール – KANA-BOON

覚めないまま 夢うつつ
寝癖のウェーブに
潜り込んで嗅ぐ匂い
ちょっと夏の気配がした

陽が沈んだら眠りにつく
そんな当たり前が
苦手だった君のこと
ずっとちょっと心配だったよ

誰もいらないよ
もう何もいらないよ

このままふたりなら
悲しみもうまくかわせた
涙も綺麗な宝石
きっともっと輝いただろう

誰が悪い?
君はほんとは素直な子なのに
変われないことに傷ついて
最低な世界を恨む

あのままふたりなら
小さな希望でも生きられた
涙は枯れることなく
溺れるまで溢れていく

ひとつとひとつでいくつにもなれそうな
理屈じゃない愛の計式
きっとふたりなら
ひとりも愛せたかな
答え合わせさせてよ

このままふたりなら
優しい心でいれただろう
涙も綺麗な虹をかけてくれる為のもの
いまでもふたりなら
生きていくことも恐れなかった
さよならなんて言わないでよ
足し算のままでいさせて