セピア色の九月 – Kaede

夏が終る 何事もなかった様に
窓を開けて透きとおった空を見ている

去って行った 一度もふり返らないで
灼けた肌に水着の跡だけ残して

涙がセピア色に滲んだ
甘くて少し物憂い九月

きっと青い海岸線
もう一度逢える気がして
そう思うと平気

秋が来れば何事もなかった様に
ワンピースをトレンチコートが包む

だから今は曖昧な季節の中で
独りぽっち 旅している気分でいたいの

涙はセピア色のシロップ
甘くて少し苦い想い出

ずっと遠い海岸線
もう二度と帰らない夏
そう思うと寂しい

私は泣いた 九月の中で
私は泣いた セピアの涙