いつかのトライアングル – Jupiter&Beit&THE 虎牙道

<Little more…もう少しだけ
I wish…願っていたい
Little more…あと少しだけ
I wish…Let me stay at your side…>

風がそっと髪を揺らしたとき
街も人も何故か止まってみえた
(まるでフォトグラフ)
思わずキレイだと伝えたくなる
知らないフリが出来ない気持ち

不意に鼓動早くなる
言葉交わすだけで
ひとみが合うだけで嬉しい
だけど…キミが本当に
見つめる先は僕のとなり

どうしてトライアングル
初めて出会う 痛みの理由を教えてほしいよ
胸に咲いたひなげしの花
渡せる日 待っているのに

消せないトライアングル
はにかんだような 笑顔を横目にせつなくなるよ
打ち明けたら 壊れちゃいそうで
終わりのない問いかけ巡ってる

雑音に紛れてこの想いが
特別とわからなくなればいいけど
(大きくなってく)
その声きくたびに動く心に
「止まれ」なんて命令はきかない

夜にともる星たちが
静かなまたたきで
愛を歌うように
悲しいことは包んであげたい
嬉しいことは分かちあいたい何度だって

どうしてトライアングル
さらってしまいたい…
だけど困らせることはしたくない
相反する気持ちが今日も
向きあうのを躊躇している

それでもトライアングル
逃げたくないよ
叶うことだけが全てじゃないだろう
この心は 誰かを想うため
贈られた 掛け替えないギフト

いつか思い出にできるかな…
いつか思い出に変わっても
息づいてゆく記憶は そう
永遠(とわ)に消えないかがやき

さよならトライアングル
初めて出会う 痛みの理由が今はわかるよ
胸に咲いたひなげしの花
優しさは枯れたりしない

さよならトライアングル
大事なひとが笑ってくれたら
それでいいんだよ
キミがくれた本当の強さ抱きしめて
明日へ歩いてこう
この恋は 掛け替えないギフト

<Little more…もう少しだけ
I wish…願っていよう
Little more…あと少しだけ
I wish…And it’s all because of you>