微炭酸 – Juice=Juice

久しぶりに会えるたびに 背が伸びてるのね
隣歩くその姿が 別の人みたい

見透かされてしまいたくて 早起きしたのに
春色した爪の先を
袖に隠して心ブレーキかけたの

「彼女ができた」
嬉しそうに頬赤らめる君
なにも言えずに
お揃いの顔してやり過ごしてる

微炭酸しゅわしゅわ
誰にも気づかれない 小さな音で 恋は弾ける
君にだけ相当純情
手遅れの素直さに 今更泣いたってダメ

友達なら隠し事はしないでいようね
まだ子どもでいられた日の 約束が憎い

信号待ち 君が不意に 冗談飛ばすけど
手を叩いて 笑えなくて
ねえこんな私をつまらなく思うでしょ?

「ひとくち飲めよ」
無邪気な顔で差し出すサイダー
気の抜けた味
当たらず障らずの私責めるみたい

微炭酸しゅわしゅわ
気づいたあの日から 弾け切れない 私が嫌い
故意に君の手そっと
触れたりができたなら… 想像だけじゃもうダメ

予告もなしに訪れた 青い季節への自覚が
きっと君より少し 遅かっただけで

信号がちかちか
誰にも聞き取れない小さな声で
「好き」がこぼれた

微炭酸しゅわしゅわ
誰にも気づかれない 小さな音で 恋は弾ける
君にだけ相当純情
手遅れの素直さに 今更泣いたってダメ

今更届いたってダメ