あなたが私にくれたもの キリンがさかだちしたピアスあなたが私にくれたもの フラッグチェックのハンチングあなたが私にくれたもの ユニオンジャックのランニングあなたが私にくれたもの 丸いレンズのサングラスあなたが私にくれたもの オレンジ色のハイヒールあなたが私にくれたもの 白い真珠のネックレスあなたが私にくれたもの 緑色した細い傘あなたが私にくれたもの シャガールみたいな青い夜大好きだったけど彼女がい
君がいた夏は遠い夢の中空に消えていった打ち上げ花火君の髪の香りはじけた浴衣姿がまぶしすぎてお祭りの夜は胸が騒いだよはぐれそうな人ごみの中はなれないで出しかけた手をポケットに入れて握りしめていた君がいた夏は遠い夢の中空に消えていった打ち上げ花火子供みたい金魚すくいに夢中になって袖がぬれてる無邪気な横顔がとても可愛いくて君は好きな綿菓子買って御機嫌だけど少し向うに友達見つけて離れて歩いた君がいた夏は遠
恋人もいないくせに手編みのマフラー どうするのさクリスマスプレゼントにまだ 間に合うからもらっとくよああ 何となく ああ こんな日は ああ 思い出すそう 昔話さ初めての 口づけは君が帰る坂の途中で唇にふれただけのさよならの キスさよならの キス君の髪 長い髪が毎日 きれいになっていくのに僕はまだ 夢ばかりを教科書のすみにえがいていたああ いつの日か ああ この恋も ああ 君のようなそう 風になるよ
おまえにさよならを 告げるつもりならこの店に 朝まで いればよかった逃げ出したのは 俺の方お前のやさしさを 踏みたおし ツバをかけ ああBaby お別れだ 俺はこの街をでるお前の事を捨てて だけど だけどきっといつか どこかで会えるさきっといつか どこかで会えるさあたたかい
あんたはいつも 自分勝手で私をよんで お酒を飲んであんたはいつも 自分勝手で私を見つめ 手招きをしてさぁ さぁ さぁ甘い言葉より 熱い心が欲しいいつでも思っているのに 知らん顔何よ! 何よ! 何よ!自惚れないで何よ! 何よ! 何よ!自惚れないであんたはいつも 冷めた目をして煙草をふかし
サヨナラ言ったのに言葉を待ってる小さな赤い傘涙かくして通り過ぎた時を数え振り向けばいつも雨ふり長いトンネルの中僕は追い掛けていた君の白い花嫁衣装の背中を手探りで…バイバイバイユウウツな雨の夜は電話を待ってるいつもの口ぐせが遠くで聞こえる君がいなくなってからは窓の外はいつも雨ふり長いトンネルの中僕は追いかけていた君の白い花嫁衣装の背中を手探りで…バイバイバイ君がいなくなってからは窓の外はいつも雨ふり
ダーリン 今夜は迎えにきてきてうるさいやつらが 多くて困ってるいつも 困らせてたけれどないものねだりはもうやめるわ化粧落とした後の鏡の中の顔本当はまだ離れたくない涙でゆがんでるEveryday Everynight 会いたくてEveryday Everynight 夢を見たダーリン そろそろ 潮時みたいね今なら まだまだ だれも気付いてない街で もし すれ違っても他人の ふりしていて あげるわ冷め
マンデー つまったスケジュールイライラしている チューズデーウェンズデー のんびりしたいけどまだまだ遠いわ 日曜日ラリルレリ ラリルレリ ラリルレリリラリルレリ ラリルレリ ラリルレリルダーリン ラムネを買ってきて二人で飲みましょ散歩道月が昇るまでサースデー 飛んで行きたいけど電話でごまかす フライデーサタデー お日様沈んだら明日は会えるね 日曜日ラリルレリ ラリルレリ ラリルレリリラリルレリ ラ
君が隣りのクラスから出てきた時僕の心臓は口から飛び出した君の笑い声を初めて聞いた日は一晩中 ドキドキ 眠れなかったよアニー アニー アニー アニーアニー 好きだよ アニーアニー アニー アニー アニーアニー 好きだよ アニー自転車に乗って毎日フラフラ君の街まで行き自転車に乗って 君とすれちがうたびいつも 心で叫ぶ気付いておくれよ お願いだアニー気付いておくれよ アニー お前に一目惚れ気付いておくれ
真夜中の公園噴水の前でスーツケースにもたれあの人を待つ約束の時間までもう少しあるけど寒くなんてないし夜空はきれいrun away銀色の星明かり二人の行く先を照らしておくれrun awayイジワルなお月さま雲のかげにかくれてでてこないうすい置手紙泣き虫のママを想い出せば少し胸が痛いけど心配しないで二人きりだけど朝がくればきっと笑っていられるrun away銀色の星明かり二人の行く先を照らしておくれrun
いつまでも私のこと忘れないでいてね風にのって ふわり うかぶ青い空に 君の羽が映る草のうえで 寝ころんで話した夢のような未来を子供みたいと笑ったけれどいつか本当になる気がしてたどこにいて 何をして 誰を好きになってもいつまでも私のこと忘れないでいてね恋をしてる 心ゆれる言わなくても きっと知ってる空をみてる 君の横が一番好きな場所だった二人で摘んだ四つ葉のクローバー指にはさんで願いをかけるどこにい
つなをゆるめたら庭かけまわって息切らしたまま飛び出した目当てのあの娘はちょくちょく見かけるクルクルパーマのカワイコチャンYoure my babyMy sweet sweet babyYoure my babyMy sweet sweet babyYoure my babyMy sweet
あの娘が言ってた退屈な話大きなお世話よ知らない誰かと手をつないでたってそんなのいいじゃない恋する乙女の心意気当たって砕けて散ってやるあたしはサムライガールバンザイアタックするわ街中みんながやめろって言っても黙っていられないバカなのは十分わかってるつもりそれでも好きなの恋する乙女の心意気当たって砕けて散ってやるあたしはサムライガールバンザイアタックするわ恋する乙女の心意気当たって砕けて散ってやるあた
昨日は雨降り 雲をうつす水たまり黄色い長靴 表通りではじゃぐよお日様と一緒にチャンスも少しのぞいてる荷物になるけど パラソルさげて家を出るWoo Woo…傘もささずに 走りすぎてく後ろ姿を 見かけた日から相合傘で歩きたくって明日のお天気予報「アメダスは晴れです。」てるてる坊主を2つ さかさにつるした“放課後 突然 雨が降り出しますように”明日はお天気 雲一つない星空Woo Woo…傘もささずに 走
Cause I love you, dont go away 突き抜ける空にBlue Canary 飛んだ またひとりぼっち夏が終わり風にゆれていた白い花がちぎれ飛んで行くあの日二人 占っていた遠い未来 恋の行方何度やっても うまく行かずに泣き出したねI love you, love you, love you,
そうさおいらは文無しで ゲットーでパクったパンを食うそうさおいらは文無しで ゲットーでパクったパンを食うだけどなジーザス!死ぬ時ゃ笑ってるやるぜそうさおいらは文無しで 惚れた女は旦那持ちそうさおいらは文無しで 惚れた女は旦那持ちだけどなジーザス!死ぬ時ゃ笑ってるやるぜそうさおいらは文無しで ベッドで夢見る夢を見るそうさおいらは文無しで ベッドで夢見る夢を見るだけどなジーザス!死ぬ時ゃ笑ってるやるぜ
優しくしてたらすぐに怒り出す真っ赤な顔したバカムスコあらあら坊や単純なんだから頭を撫でたら大人しくなるのね下品な言葉にすぐに怒り出す真っ赤な顔したバカムスコあらあら坊や単純なんだから頭を撫でたら大人しくなるのね優しくしてたらすぐに怒り出す真っ赤な顔したバカムスコあらあら坊や単純なんだから頭を撫でたら大人しくなるのね
この町もカワイイコが増えてまっすぐに歩きづらくなったバイバイバイバイ カラフルタウン カラフルタウンこの町もカッコイイコが増えてまっすぐに歩きづらくなったバイバイバイバイ カラフルタウン カラフルタウン一番鶏が鳴いたらここから船に乗って新しい暮らし始めよう知らない所でたまにはこの桟橋を思い出すだろうたまにはこの青い海を思い出すだろうこの町もカワイイオミセが増えてまっすぐに歩きづらくなったバイバイバ
雨上がりなら素直になれた茜色に染まる二人きりの帰り道遅刻しそう自転車が抜いて行く学校までの1.1kmの道肩をポンとたたかれて蹴り返すみんなの目がいつも気になっていたピチピチ チャプチャプ ランランラン雨上がりなら素直になれた水たまり飛び越し君に手を振る雨上がりなら素直になれた茜色に染まる二人きりの帰り道教室から見えるお城の桜噂話好きな女の子達何も変わらないような三年間君の事も最初から好きだったピチ
Hey Baby おいらのベッドに来ないか?今夜はきっと素敵な夢を見させてあげるよHey Baby おいらのベッドに来ないか?Hey Baby おいらの自慢のPOPSICLEあんたはきっとヨダレを垂らしむさぼるはずだぜHey Baby おいらの自慢のPOPSICLEHey Baby おいらのベッドに来ないか?今夜はきっと素敵な夢を見させてあげるよHey Baby おいらのベッドに来ないか?
一番大切な物は君が笑っている写真何処に遊びに行くのにもポケットに入れて歩いたあの頃はほんと子供で素直になれず君の名前机のすみに刻んでばかりいた可愛いハニー 元気なハニー大好きだったハニー可愛いハニー 元気なハニー大好きだったハニー偶然あった友達に君の話を聞かされた幸せに暮らしているとずっとずっと思ってたあの頃はあっけらかんとすごせていたね毎日が笑っていれば幸せだった日々可愛いハニー 元気なハニー大
おじさんお願いつまらないお話は明日にして欲しい今日はもう疲れたわwoh…重たい足どりコンビニの袋下げポストをのぞけば彼氏からのお便りwoh…“どうだ元気にしてるか僕は元気でやってるお城の上の桜ももうつぼみがついたよ都会の暮らしの中じゃ疲れることもあるだろうそんなに遠くないんだたまに帰っておいで”おばさんお願いそんなに怒らないでよさっさと帰ってハイヒールをぬぎたいwoh…重たい体でせまいお風呂に入っ
Please kiss me, my Santa Claus...朝から続いた雪が 街を白く染める憧れたホワイトクリスマス でももうサヨナラねSilent night 明日になればHoly night 振り返らないSilent night 夜明け前までHold me tight 抱きしめていてPlease kiss me, my
Good Night 月が空に昇れば寝息をたてる 頬にキスして静かに 出て行こうGood Night 月が空に昇れば寝息をたてる 頬にキスして静かに 出て行こうトランク1つ乗せたら終わりさ身軽なサヨナラは少しさみしいけれど 故郷の山を忘れられやしないMoonlit lane 教えておくれMoonlit lane 懐かしいあのMoonlit lane テキサスまでの帰り道を口笛吹けば 風の便り今頃何
恋は突然に ドレミファソラシド鼻唄混じりにドレミファソラシドやってくるあのコニコニコそこの娘どこの娘君の名前が知りたい髪がサラサラさわやかな初夏の風が吹いたらサヨナラ愛しい愛しいと言う心がドキドキドキドキ恋は突然に ドレミファソラシド鼻唄混じりにドレミファソラシドやってくる駅のホームの時計はチクタク時間つぶしにプカプカ電車ガタゴトユラユラゆられて君の姿をさがすよ愛しい愛しいと言う心がドキドキドキド
夜汽車に乗って君の街まで片道切符飛び出してきたSo long 懐かしい街So long 桜並木So long そしてありがとうママ 元気でいてねGOOD LUCK 街の灯遠く離れていく今なら戻れるけれどGOOD LUCK 街の灯遠く離れていく幸せになって戻ってくるよ窓に映った泣き顔はイヤ涙を拭いて笑って出て行こうSo long 駅までの道So long 時計台So long そしてごめんねパパ 許
マリアンの部屋に電話をかけて朝までウダウダしゃべっていたらいつものように泣き出しちまっていつものようになぐさめたのさ“DONT CRY BABY!”マリアンの部屋でレコードかけてベッドでイチャイチャイチャイチャしてたらいつものように泣き出しちまっていつものようになぐさめたのさ“DONT CRY BABY!”マリアンの部屋に電話をかけて朝までウダウダしゃべっていたらいつものように泣き出しちまって
泣き顔のマリーおびえた瞳はなぜ?泣き顔のマリーおびえた瞳はなぜ?それはきっとそれはきっとそれは夏のせい泣き顔のマリーふるえる体はなぜ?泣き顔のマリーふるえる体はなぜ?それはきっとそれはきっとそれは夏のせい泣き顔のマリーひらいた瞳はなぜ?泣き顔のマリーひらいた瞳はなぜ?それはきっとそれはきっとそれは夏のせい
山の間の小さな村を離れ君は街へ出ていった遠い旅路の果てに浮かぶ懐かしい友達の顔夕立ち 蝉時雨 鰯雲 もみじ舞い雪解け ふきのとう 時は流れてサツキ 五月雨 咲き乱れやっと帰ってきたサツキ 五月雨 咲き乱れこの川がふるさと日々の暮らしの流れの中で風の匂いは心揺らす遥か家路に思い巡り見上げた夕焼けの空雷 蛙の声 赤とんぼ ススキ揺れ花曇り 朧月 時は流れてサツキ 五月雨 咲き乱れやっと帰ってきたサツキ
こんなにお天気のいい日なのにあなたにも会えず時給785円で愛想笑いを売るいいかげん疲れてやる気もないけどそれでもやっぱり支えているのはただの意地っ張りとあの日の約束1・2・3・4 憂鬱を捨てて1・2・3・4 ステップ踏んでほらほらもうすぐ夜明けの鐘が鳴るビー玉転がして占ってみた二人の未来どこへ転がっていっても出て来る答えは同じ前にも後ろにも誰もいないまっすぐな道を行こうのんびりジッタリン・ジンでも