進んでく 道で振り返る靴の音 鳴らしながら 暗闇に光る星たちをこの手の中に集めている 手を広げ 溢れてゆくそう キミとの楽園へ ねぇ この先に待ちうける輝く未来へと 輝いて!宝石の原石みたいな私たち 磨けば光るとキラキラと溢れてる笑顔の日常訪れる 僕らの楽園へと 目を閉じて 広がる星空痛いほど 焼き付けている 手をとると そこにキミが居て僕のために微笑んでいる 俯いて 目を伏せてもそう 笑顔でいてほしい ねぇ 僕
シャボン玉弾ける 虹色広がる思い出輝く 君の顔映る 古い落とし物 一人拾う私気づかない君は 遠い空へ消えた そこへ行けないよ もう立てないよ顔見えないよ いますぐ そっと手に触れて もっと寄り添ってぎゅっと抱きしめて 聞かせて声を 諦めてた聖夜 君からの着信夢のような時間 二人きりの夜 信じていたから こぼれた幸せすれ違う思い 届かないこの手 泣いて切なくて 声も出せなくて夢持てなくて でもいま ここに君と居た