今日がずっと… – Jewel

震えたその手も
溢れた泪も
いとおしく見える
二人だけの夜は

哀しい顔した
僕らの未来を
迎えにいく
それ以外に
この先はないのに

どこまでも続いていく
星空を信じても
ただひとつの約束も
叶わない
わかっているけど

“今日がずっと 今日がずっと
続いていけばいい”
と君は言う
それなのに 朝が来たら
見えないドアをそっと開けて
別々の明日へ
帰っていくの
温もりだけを置いて

消えない昨日を
忘れたフリして
強がってみせる
一人きりの朝は

繋いだこの手が
確かに覚えてる
君のすべて
いまもここで
優しく脈を打つ

いつの日か振り返れば
数えきれない星の
ただひとつに過ぎないと
言いきれるの?
わからないけど

“今日がずっと 今日がずっと
続いていけばいい”
と君は言う
それなのに 朝が来たら
見えないドアをそっと開けて
別々の明日へ
帰っていくの
頬を濡らして

誰もいない世界で
二人 生きれたら…
叶わぬ夢を見て
瞳を閉じる
このまま、このまま そばにいて

“今日がずっと 今日がずっと
続いていけばいい”
と君は言う
それなのに 朝が来たら
見えないドアをそっと開けて
何もなかったように
さよならするの
温もりだけを 置いて