空回りした水たまりには恥ずかしい程笑顔が似合う空騒ぎする暇もないほど君の笑顔だけ映していたいたとえ泣いてても笑ってふざけた蜜蜂の巣に1つ想いを乗せてみればきまって歪んだ記憶の中で君と月を見ている冬の終わりに花が咲くのも寝起きのようなクマのあくびも再び起こる奇跡のような道に佇む君との世界たとえ泣いてても笑ってふざけた蜜蜂の巣に1つ想いを乗せてみればきまって歪んだ記憶の中で君と月を見ている笑ってふざけ