100年経っても… – JAMOSA

100年経っても君を忘れないよ
見渡す景色に君はもういないけど
あんな笑ってふざけていた日々が
どんな遠くなっても色褪せない

別々の電車の中で同じタイミングでメール
帰り道で喧嘩しても 愛しさに勝てない

2人よく手をつないで歩いてた街の中で
目に染みる風のせいにしてた強がりがこぼれる

100年経っても君を忘れないよ
見渡す景色に君はもういないけど
あんな笑ってふざけていた日々が
どんな遠くなっても色褪せない

夢語るその唇が「ずっと好き」と言う度に
喜びより寂しさを感じてた気がする…

眠れない 今は声も聞けなくて…
その代わりに君が好きだった歌を聴いてる
「あの日に戻りたい」

100年経っても君を忘れないよ
切なさだけが永遠に残っても
進み続ける時間の中 今日も
見上げる夜空には君を想う

近くで感じた温もりが
嘘みたい もう逢えない
心が震える

100年経っても君を忘れないよ
見渡す景色に君はもういないけど
あんな笑ってふざけていた日々が
どんな遠くなっても色褪せない

100年経っても君を忘れないよ
切なさだけが永遠に残っても
進み続ける時間の中 今日も
見上げる夜空には君を想う

コメントを残す