ARINOMAMA — J-DAD

東の空から登る太陽
眩しい朝日が包む街を
見渡せば理想と現実
無くなる余裕ため息が増える
鏡の中映った自分に
無理してオハヨウって言う
ストレス社会のルールに
囲われて見失ってく
何のために笑ってるの?
誰の為に生きてるの?

arinomamaの君でいい
arinomamaの僕でいい
飾らないで無理しないで
そのままでいて

ポケットの中の信じる夢と
握り締めた小銭とプライドは
揺れる天秤がぐっと傾いた
様なもんさ不安定なもんだ!!

周りと比べりゃ
ちっぽけな気がする
何度も惨めな思いを抱いた
それでも前を向いて歩いてきた

arinomamaの君でいい
arinomamaの僕でいい
飾らないで無理しないで
そのままでいて
夜空に輝く星の数よりも
君の瞳に希望の明日を
照らせるように

ひとつひとつを拾い集めて
少しずつ気付き始めた今
誰かのために何を為すべきか…
聞こえるかな?
僕の声が君の胸に響くように
今日もまた歌い続けるよ

arinomamaの姿で
arinomamaの心で
飾らないで下向かないで
笑ってて欲しい
水の流れの様に祈りつづけるよ
陰りのない幸せが
君を包むように願ってる

歩み続ける限りある時
誰もがみんな負けないように
見えない未来と自分を信じてる

arinomamaの君でいい
arinomamaの僕でいい
飾らないで無理しないで
そのままでいて
夜空に輝く星の数よりも
ah君の瞳に希望の明日を
照らせるように