ほら見てごらん 後ろを振り返ればねツギハギでも確かにまっすぐな道澄み渡る空には 見えない雲があるけど迷いは無いから 震える手を 差し伸べてもう悲しませないよ それが罪だろうとも 守るよ遠く離れても同じ空の下で 静かに詠うよ 声が枯れるまで 詠うよあどけない笑顔は僕に愛をくれた今なら分かるよ 君の涙の分けがI Call out your name loudIm awakening in the new
荒んだ世界に 産まれた私は 一つも笑えずに爪を研ぐほら もういいでしょ 聴かせて 断末魔 無秩序 命は今枯れて行く歪 大人の描く世界は私には鉄の揺籠で心を奪っていく奴等と戦う為には 虚偽はこびるこの世界で極彩 染まっている この眼には無色に見えた鮮やかに咲かせ Oh Dystopia空には飛び交う 巨大な鉄の鳥地上はネオンや機械にまみれ でも なぜなの教えて 不自由無力な私は飲み込まれて咽び 耳を
忘れかけてた 孤独を纏い 一人さまよう この世界いつも泣いてた 見えない明日に そんな昨日に君は居ないからここで会えた事 一度だけだけど 君のその声は 強さに変わるのだろう傷ついた時も 失ったときも 迷える僕を導いてくれた夢に敗れた 光を無くし いつも泣いてた この世界闇に落した明日へのヴィジョンは 君に出会ってまた光りだしたここで会えた事 一度だけだけど 君のその声は 強さに変わるのだろう傷つい