Every sunrise is one more chance so take itEvery mistake is just another lessonAre
Here in the candlelight I shed a tearYou dont know how much Im gonna
Saw your clever grin running from the Hotel LuxurySat down in the chair right
Long time cominLong time cominWhere I beenWhere Im goinThrough the yearsWere just escaping through
You are goldenPerfect SatelliteAn explosionThat is waking me through the nightAnd Im pausing on
Everybodys here on a missionGot to trust in my intuitionWoahI knowI wish I could
We can feel the sameWe can pick up where we left off tomorrowIve walked
The world was made and lost againTears running down my wildnessPigs are dreaminBut he
Only ones in the galaxyGoing down in historySelf-fulfilling a prophecyEveryones craving a remedyA whole
If you just lost your pathLook at the sky and rememberIf you have a
no way I can dobelong into truthgive me one more grooveget away Im on
Lets get on back to the upsideCan you remember how it felt?You cant let
Yeah, yeah Oh YeahI wont let you downCmon CmonYou want to let me downOh~Oh~Im
ラララ光を求める為に ここまで来たけれど儚いかけらの数だけ この場所で 何を見ているの?せめて残る 願い だけを時の中で 抱いて 信じた輝きを忘れるくらい 今まで来たけれど愛しい痛みの数だけ この場所で 君を見ているの?せめて残る 願い だけを時の中で 描いて 信じたせめて残る 想い だから永遠は あると 信じて引き寄せて つかめたものは 昔見た is the same as that light
街ゆくspeedに 慣れた身体が震える更なる理想へとdive出来る 予感を感じたなら叫び続けている礫を解き放し 空と繋がる調べに焦がれたい君はもう知っているから どうしたい? 抜け出すかい?満たされない照らされたい どうしようもなく抑えきれないざわめきを拭い去り 躊躇うことを忘れていいんだよ煌めきを掴むには 今すぐここから旅立とうすれ違い 交差する 幾重の方向を見つめ次なるstepへはだいぶ来てる
Someone told me “Dont lose yourself”I told you “Dont lose your mind”If you cant
ねぇママ 暗闇の中で叫ぶ 何故、ここにいるんだろう....my eyes 理由を探したけれど 見つからない 問いかけて責めた早く 此処から抜け出したいんだ 出口は何処にあるの?教えて欲しい 僕がここにいるワケを 抱えた運命をCalling down 光が照らす闇 闇が照らす光空を裂く光を 手に入れたいんだ この手の中にnight end 光のすじが僕を 誘い、救ってくれた....light and
Follow me.... You dont know if you willCare for me.... Every meaning will not
まぶたの裏で君が微笑ってる 追いかけた日の輝き懐かしい匂い交わした言葉 すり抜けてゆく風を感じた約束した 僕らの未来は光り続ける ずっと遠くに離れていてもこの世界から君が消えたら すべてのことが色褪せてしまういくつもの夜が通り過ぎても 僕はここにいるよ あるがままで逢えない時は静寂の中で 渇きそうになるけど止まない歩み重ねた響き 心ざわめく 強く感じるよ慌ただしさに 隠した想いは尽きることなく ず
悲しむ海に溢れる夜に 行き場さがし憧れ想い眠るとき 永遠に深く 続く夢焦がれ予感はそう 感じていた繋いでいた指先の温もりだけ 消えずにいたサヨナラ 告げて微笑った 忘れてしまえばいい?アイシテ 撫でて泣いて どうか醒めないでサヨナラ 濡れた頬には 何を映せばいい?愛した証 もし叶うのなら 痛みを断ち切って今すべてを奪って辿り着けない抱いた願い ふたり出逢い脆く儚い揺れている はるか遠く 陽炎のよう
かたちない孤独は 三月の風の様に冷たくて夜明けを待つ事さえ耐えきれず 何度も何度も潰されそうになった途切れない迷いに囚われたまま 瞳に写る形は影を宿したただ一つだけでいい 存在を願ってそれだけを信じて何かが変わり始めた 目の前にあなたがいた限りない世界で 君に出逢えた奇跡見えるものすべてが 鮮やかに輝きはじめるどんな時もきっと 分け合えるから僕らをつないでる この手を離さない様におそらく単純で静か
繋がって 欲しがって 別れ真似たり言わせたりして足りないって 欲しくって きっと急いでいたんだ鞦韆(しゅうせん) 揺らす日々 君待つ涙いつも願っていたんだ ありがとうIll be there空回って 道忘れ 時に想ったり痛んだりして歩いてきた 道標 ずっと示かしていたんだ春宵(しゅんしょう) 吹く風に 何忘るる涙今は聴こえてるから ありがとうIll be thereこれからも Ill be there
It will take time to practice, to build art that lastTake time to learn
汚れなき空追いかけて変わってく景色は次のsignal目指した行き先にたどり着きたい足りないもの探す旅風をはらませて本気で加速して大切な夢問いかけて変化を望んだ気持ちになる照らしたゆき先あともう少し誰にも邪魔させないこの手に強く握った熱を感じて躊躇わず 飛ばしてゆこう諦めず 信じて走ろうとらわれない場所僕等の未来に逢う為に哀しみで強くなれた歓びは僕等を包む何度でも願うよ何処まででも振り返らずに躊躇わ
限りなく果てしない道を歩いていく何処までも続いている道を歩いていく未来に向かって人は言う 人は笑う時は来るきっと分かるはず 自分に逢えるそう願う繰り返す情報の中で錯乱する選ぶべき愛情の外で膝を抱える自分に問いかけるきっと分かるはず 錆びた世の中で風に 吹かれて君には出来るはず 前に進む事君には見えるはず 嘘の世の中で風に 吹かれて時に 刻んで君に 伝えて想いに 託して
何を望んでいるかなんて軽視して解らなくて 溢れて何を見た?理想のかたちを求めては投げてそんな使い捨ての 日々を過ごしていた今まで以上この冬は 空気が張り詰めてく澄んでいて希望が 遠くまで見えた舞い落ちる刹那は 悲しみを溶かし流す静寂の中渇ききった心が 彩りを取り戻す様そう今大切にするべきもの 笑顔で分かってる 重ねて誓える夢見てるいつかはきっと辿り着くよ 信じて触れた手は揺れる白い風に 包まれてゆ
I want just everythingIm always dying for somethingI dont know how to feelIm searching
雨上がりの昨日から考えていたずっと心の中にある自分の気持ちを手遅れになる前に 伝えたい君がどうしても必要だって事涙の数だけ 乗り越えて涙の数だけ 飛び越えて時々分からなくなるそんな日があって何かを見失ってしまう恐さと戦って届かなくなるその前に 溶かしたい君がどうしても必要だって事描いていた夢の続きこの手につかむまでは描いていた夢の続きその手に渡すまでは涙の数だけ 乗り越えていく涙の数だけ 飛び越え
いつも思い出すよ この空のようにとても優しい気持ちになれた時のことを何が欠けていたのかって 分かりもしなかったあの頃の僕らが少しだけ微笑んだ失うことで大人になると 強がりで過ごしてきた受け入れる生き方を 傍で教えてくれたI love you ありきたりな言葉かもしれないけれど君に ずっとこれから幾度となく伝えてく人生の様々な場面に出てくる 目の前を通りすぎる風が切り取る風景慌ただしく過ぎていった日
霞み彷徨う夢の中 過ぎた昨日の忘れ物届かなくて 切なさは拭えない濡れたアスファルトの上 迷いながらいつも何かのせいにして 過ごしている失うことでしか 気づかなかった伝えたい気持ちは 今も残る寂しさを消し去る 温もりが欲しいよ柔らかな指先 そっと触れて そばにきて誰に願ってるよりも 望みたい何が 僕には今から出来るのだろう笑うことでしか ごまかせなかった無くしかけている 時よ 行かないで寂しさを消し