Midnight indigo love story – indigo la End

ツレない夜は 蹄みたいに 揺るぎなかった
壊れたいのに 忘れたかった 望まぬ夜も
それで良かった と思いたいのに

一人で行くはじめての場所で呷った酒の味
説明的な歌詞だな 書きながら笑った

ツレない夜は 蹄みたいに 揺るぎなかった
壊れたいのに 忘れたかった 望まぬ夜も
それで良かった と思いたいのに

私はいつ出来てもいい 重く残った君の声
眠ったフリしてたっけ あの時はごめん

忘れたかった 忘れたかった 汚さぬように
逃げたかった ツレない夜も 望まぬ夜も
離れなかった 時は経てど

忘れるもんか 君は怒った 汚されたって
目を潤ませた 本当はずっと 情が優って
想えなかった 言えなかった

セリフみたいだ 歌の性