秋雨の降り方がいじらしい – indigo la End

古めかしい 口説き方に
少しも笑わなかった 身だしなみ
厳しかった ボタン見る度思い出すよ

祭りと都会の境界線
踏み越える時と僕とあなたのあれこれ
似ている気がした 涼しげなふりした琴線がドキリ

秋雨の降り方がいじらしい
悲しみを遠ざけたいかのように しおらしさ
あなたしか纏えなかった
この恋を流すのはもったいないよ
主賓はいつも雨 目立ちたがり屋

魔法が解けて こぼれた2人
よしなに歌ってください 渡された歌詞を読んでた
秋夜はちょっと無さそうだ

時は刻みっぱなしで2人が
追いつけようと追いつけなかろうと
季節の滲みでぼやかして嘲笑う あなたは今何を思う?

秋雨の降り方がいじらしい
悲しみを遠ざけたいかのように
しおらしさ あなたしか纏えなかった
この恋を流すのはもったいないよ
主賓はいつも雨 目立ちたがり屋