ありふれた夏の瀬におまじないみたいな恋をした確信に満たないことだらけ最初に解けて欲しかった素直になれない心地良さ他人と他人の馴れ合いをそれなりに楽しんだ隙を見せるのはこれからだった短い筒の穴から覗く視野の狭い愛情を送り合ったそんなことしてたら触れ合える距離に君はいなかった全然何ともないのに涙が出るなんて困ったな愛想笑いも様にならないくらいに今日は変だ考えたっていないのに君は絶対にいないのにおかしい
溶け込んだくせに急に存在感を増す半端丈の琴線に触れたあなた程よい距離で届かない魅せるだけ魅せては靄がかかる気になって離れない私はいつの間にか外に走ったあなた以上の人に出会うために8月中旬晴れ時々曇り後雨後曇りぐずついた気持ちで夜は落ち着かないでしょう心予報は的確で つまり私は夢中ですダメだってわかってるんだけどさ兄がいたらこんな感じ花火を見ながら思った全てを投げ出す瞬間の美をあなたに重ねたんだ9月
見えないことが実は見えてるズルいよ神様僕にも見せてよ命の項目だけでもUnpublished manuscriptせめて悲しい類は選ばせて銃弾が飛び交わないくらいいいじゃないか今年はどうなりますか?優しい人が死にますか?淡々と過ぎてみんな忘れますか?青二才が言う重たいテーマこそ論じて天に上げてくれ怖いよこのままじゃUnpublished manuscriptせめて悲しい類は選ばせて銃弾が飛び交わない
羨むことばかり増えた冷たい日常に気持ちが落ち着かないよ理論ばっか備えた虫が鳴いてる井の頭線に揺られて偉くなった気がしなくもない夕暮れ時恋したんだったよな想い合ったんだよなあなた膨らんだストーリー起承転結3文字目半の糸もらってばっか 太った恋に擦れて減ったさよならその気ない弱いセリフ落っこちた守ってあげる 救ってあげる思ってたってどうしてもこの恋には軽すぎたみたい込み上げてばっか困るな一時停止ボタン
愛されたようで、良かった認められた風で本当に良かった混じり気のない気持ちに自分で酔ってしまってるのかなまあいいや私は言う勤め先の喫煙所プカプカ吐かれては消える悪いとこもなくなっていくようなそんな風吹いては髪がなびいた愛されて惹かれて比べて疲れて振られて慣れた「恋惑う」要するにそういうことさ愛されて惹かれて比べて疲れて振られて慣れた行き惑う私は試されてるのかな暗い過去があって良かった話題に困らない方
離れても離れても風は追いかけて吹きついてくるよ囲炉裏で暖をとりながら踊っていた静かに少しずつ取り戻すリズム緩やかに生活を急いだ電球を替えながら床を見下ろしてふと我に帰るゴミ屑みたいだって感情が湧き無駄にならぬ生星になってみたいんだ輝きながらもっと上から見下ろしてみたいんだドクドクって鳴らして生きてるってことばっか打ち下ろして流れ星みたいにして自分を覚えてて欲しいんだ認め合うために晒し合うために出会
1988生まれた影の音捕まえた夜の勇み足に隠れてそのまま光を当てずに育てたならヘルタースケルターみたいな曲でデビューしてたのにないものねだりの嫉妬の交差で光を調整できたはずそっちを選んだのは誰でもない俺なんだよ1988言葉で小さな命をつぐむ
まさか僕ら愛し合った?あなた僕だけを見てるの?すれ違わない確信が持てないと見返せない軽んじた人生を送るしかないって誰が決めたのか知らないまま付き合ってる急な温かいムードは痛みに似て痒い慣れてない幸福の合図は似合わない救われたことないから救い方がわからないヒーローになれたら ヒーローになれたらやっときた幸福そうな結末に綻びたいそんな気持ちはあるけどまさか僕ら愛し合った?あなた僕だけを見てるの?すれ違
触れ合う度にあなたは怒って寂しい時は妙に甘えながら着飾る何てズルいの教会行こうよ待ち人から奪われないように祈ったのにバイバイ熱恋よバイバイ熱恋よ最果てまで一気に嵩むたゆたうことなく一気にバイバイためらうことなき恋傀儡少しだけ泣いた周回する恋の季節風とあなた一緒に吹いて消えてった何も言えずのままが美しいってそればかり思っていた春どうなったらいいとかこうなったら幸せだとか神頼みに近い薄い色した過去の感
床に寝そべって体温を感じてるそれくらいしか出来ないから許して安くもない弁当で身体を満たすどんどん忘れていってどんどん失ってひとりごとが宙を舞うさようなら素晴らしい世界さようなら素晴らしい世界ありがとうこんな僕も入れてくれてだけどこれからは一人で生きてくよ午前3時の街灯が身体を照らすそんなに写さないでよ恥ずかしいな帰る場所はあるけど帰りたい場所はないだんだん変わっていって揺れながら歩いてあなたのこと
重い半生を繋いだ高明な血筋それがないなら軽くなくても世は軽んじる半個相殺でも僕にはまだ利用価値があるんだ知らない血僕も私も知らない何百年何千年ずっと知らない時期尚早意味焦燥幾度回転しても交われん何百年何千年ずっと知らない流れるから止まらないいっそ紐解いてゼロにしたら1が産まれるまでは平和かもしれない2進法の暮らしで歴史を延ばしたい知らない血僕も私も知らない何百年何千年ずっと知らない時期尚早意味焦燥
冬夜の魔法が解けるまであなたを奪いたいストップモーション陰った頃合い見計らったスピッツ スピッツ尖った口をした君を甘やかしたい時間と時間が口説き合ってゼロになるところを恋と呼んだ100 まで一緒にいませんか?もう勝手な尺度で君想うバランスがわからないちょっとやそっとじゃ終わらない自信はあるけどやりすぎた寒さに慣れるようにいつの間にか好きになったどうにもなりゃしないどうにも悲しくなる予感しかしないで
罪が消えてゆく決まり事の中だけで少しはみ出せば重くなって一緒に生きるしかないどうして幻だと気付かないんだろ都合の良い血が通ってるだけ終わりを繰り返しはじまりに戻してまた重くして追いかけて問いかけて何が正しいって言うんだよ怖くても叫ぶからPlay Back End Roll命の火燃やすからもう少しだけ見ててよ確かめて確かめてPlay Back End Rollどうしたらいい人は無限に問うて生きる野放
水を買っとけば良かったねって会話も愛しい少しちょうど良くないやり取りで心を潤した変わったTシャツの趣味が合ったり笑いながら不安を話したり青い恋が淡くなる前にキスをしたりした大人になれない恋がしたいと夕に投げるこのあとの夜を明かしたらあなたは笑うかな少しずつでもいいからなんてことは言わないあなたを離さないよ言ったわねって顔しないで目の前の恋心より指輪外したあなたの方が近く浮かぶそんなこんなが大人だな
「私が何人目なの?」笑わない目で見てるのを流そうとしたけど結局ため息嫌な部分の方がさ口をついてたくさん出るでもそれだけ愛したい部分が増えるよ切ない感情がほら増えれば増えるほど愛しくなってくしょうがないんだ好きな部分は少し他は嫌いな方がさ君のこと想いきれる気がした毎分こぼれ落ちるの慣れた頃に拾い上げたそれも次の瞬間にはまあいいや×が△になっても◯にならないのが常でたまに◯になると更に愛しい切ない感情
遠巻きに見てる飛び立つふりをして居候の鳥は鳴いていたバースデーケーキがあまり美味しくなかったそんなこと思い出すの私だけ見せかけのI love you明日には見せてよ気まぐれな言葉で意味もなく怖くなった生き残ったのはかぐわしい寂しさサラバ鳥たちよ鳴き声は止んだ今日は朝から頭痛嫌いじゃない私です味見しないで作った卵焼きも見せかけのI love you明日には見せてよ気まぐれな言葉で意味もなく怖くなった
僕は君の帰りを待ちながら飲みかけのコップを倒した流れた虚像が悲しくていつもの引っ掻き癖をしまったあっ君だ僕は猫気持ちを言葉に出来ないから愛される僕の特権さでも今日は伝えたくて鳴いてみたけどニャーって響いただけだった君と同じだったら僕なんか愛されなかった性格本当は悪いんだでもそんなとこも知って欲しかったな、なんて僕は猫気持ちを言葉に出来ないから愛される僕の特権さでも今日は伝えたくて鳴いてみたけどニャ
素敵な日にしよう買い物袋を持ってそう答えた貴婦人美味しいパン屋に消えて行った何が最高の人生で何が最低の人生かそう問う前に消えてった名前も聞き忘れたなエンドロールが聞こえる戻らなきゃあの日に戻らなきゃ君の元にルイ14世は確か私には太陽が宿っていると僕の中には何が宿っているのかなきっと輝く魂も連れてるそれはわかるんだけどわかるんだけどなエンドロールが聞こえる戻らなきゃあの日に戻らなきゃ君の元に
歩いては歩道橋で折り返す切なさを纏っては立ち止まって振り返る 繰り返す季節は変わった時間を掴んで引き寄せれたらどんなに優しくなれるだろうプレイバック プレイバック穏やかな気持ち2つ分プレイバック プレイバック想いを乗せたずるい心もはじまりの音が聞こえそう可愛い大人の小さな嘘も割と大きな可愛い嘘も全部ひっくるめて本当にしたい幸せを口にしたら恥ずかしい気がしてた今ならいくらでも言えるんだけどプレイバッ
天気を軽く掴んで双六みたいに雪降らしたあなたが好きだった天使のような白い粒が舞う想像では羽生えた白い服着て髪を金に染めた性別は女の子やっぱイメージとは違うもんなのかな愛せど 愛せどあなたは悪魔になびいたそれでも天使にキスをしたら救われるって愛せど 愛せどあなたは悪魔になびいたそれでも天使にキスをしたら纏わりついた形のない何か感じてしまったもう気づかないふりはできないな愛せど 愛せどあなたは悪魔にな
目に余るのはどの感情?2つ知ってるでも教えない悲しくって溶けた気持ちも教えない羨望の奥で微睡んだ綺麗な顔した君の話いつもよりズルくなって何故かいつもより優しいそんなとこが愛おしかった弾ける想いは海のよう塩っぱくて顔が崩れてしまった輝いてしまうよ何年も何年もきっとわかりきってしまった自分でわかったからちょっとは褒めてよ何も見えなくなった時よりはずっと良いんだいつもよりズルくなって何故かいつもより優し
羽が生えたままじゃいつもの帰り道つまらないルートでしか辿れない一度受けた愛が残ってるんだから少しずつ空に昇ってゆけそのままきっとそのまま大丈夫じゃなくてもゆけここでは血が流れなかったよきっと偶然だけどこの日々が命この日々が命この日々が命だから願いと歩いてあの鐘を鳴らしてよこの愛の音聞かしてやれあの鐘を鳴らしたら胸の明かりが輝くはずだから未来が振り向いてくれるその時まで声を枯らさずに一歩、一歩ずつ空
ごめんね、あなただけ1人にさせてしまうかもしれない左心房の炎が少しづつ消えかけてるの深くあなたのことを考えれば考えるほど感情が迸(ほとばし)ったわかんないよ土砂降りの雨に打たれて消えてく炎私は1人泣く土砂降りの雨に打たれてどこかどこかと居場所を探すのよ遅いよ気付くのが今頃になって部屋を探してるんでしょ東京は豪雨でこの間に少しづつこの街で初めて愛してこの街で最後に愛したあなたの触れた温度が消えてゆく
寂しさを孕んだ小さな歌に歪んだ声で反応するまだ僕らは未熟過ぎて今日も自分の暮らしに振り回されるだけ生活音に混じって聞こえなくなっていた自分の叫び声が24時を過ぎた頃突然部屋にこだましたわからないけどもうダメで悲しくないのに泣けてきて何度も何度も何度も何度も思いの丈を投げつけた何度も何度も何度も何度も返ってきては傷付いた思いが風化する前に左胸に刻み付けた誰かに届けるわけじゃないけど話がしたい話がした
手紙を書いたあの日には今日が来るなんて思ってなかった空気が変わる季節の間を君は綺麗にすり抜けたどこが好きかと聞かれて横顔と答えたら怒られたんだそんなとこも好きと言うセリフを風に渡したもう離さないなんて言わないけど離れないでね選ぶ権利は僕にないとか冗談も言わないでね今日はいつもより真面目なんだアナログな想いの伝え方に恥ずかしそうにしながら「しょうがない」と言う横顔を眺めていた何度も季節を通過して今日
運命をかき分けてく前に君がいたんだそれはもう突然だった揺らぎを見つめ合うとこもシーソーな感情になるとこもその時から決まってた足しても引いても僕らはいつも違う数になって答えが出ては笑って抱き合ったその度優しさは同じだけ重なり合って深く深く望んだ君が好きだってこと以外はこの際どうだっていい藍色になった君が好きなんだ君が好きだってこと以外はもう何も考えないことにしよう藍色になって迎えに行くよ真面目な話を
詩のついたメロディー与えあっても死のついたメロディー奏できるまで多分途切れない悲しい連鎖が産声を上げたあの子を巻く降りそうな天気が頭ごなしに心のヒビをギュギュッと締め付け気づいたらまた濡れてしまってたあの子は多分キャッキャッとはしゃいでる心の音が繋がらないまま負は満たされてくまだ足りないまだ足りないから命の音震えさせて足りないから足りないから居場所を叫べよ鼓膜をついた悲哀さはまた通り抜けては別のと
煌びやかな街並みに慣れない様子でさぶっきらぼうに呟く「付き合って」私はもう可笑しくて姿勢正したあなたに目を合わせキスをした懐かしいな戻れたら戻るけどそうはいかないからあなたならわかるでしょもうやめて影に潜んだ後ろめたさをしまい込む傷付けないで傷付けないでって拠り所のないまま言う傷付けないで傷付けないでって声を繋いだ刻む2人の流れは速いのか遅いのか冷たく流れたこともあったろう止まりそうになることもあ
立ち尽くす暇もなく僕らは誰かに見逃されながら命を磨いた心の部屋に入り込んでは気付かれないように息をした足音に偲ばせた想いそっと深く刻む愛し愛され僕らはもっと深く息をつく考え事をしていたら私はもう掴まれていた命を抱えて立ち上がる膨らむ声を想像していたら後ろに愛を感じました足音に偲ばせた想いそっと深く刻む愛し愛され僕らはもっと深く息をつく隔たりを壊したこの命を僕らは守れるなんてこと言い切らないとかっこ
初めて見た世界は丸くって大きかったヨボヨボのおじいさんが言った「意外と小さいでしょう」記憶と夢の境の話スパゲッティみたいな感覚が鏡に乱反射して僕は困っているんだeye求められる時と求められない時と2つしかないんだけどどちらも苦しいからねでもさ、続いてくし続いちゃうから何かが待ってるとか待ってないとか関係なく僕は生きていくんだろうな不思議だよな人間ってなんでこんな賢いふりして馬鹿なんだろうこの世界も