CELICA – INABA / SALAS

夜明け前の雑魚寝のアパート
電話が震え
誰か囁くように話して
すすり泣いてた

あいつは実家に戻った末に
ライブは飛んじまい
俺たちはヒマ古いセリカ
であてもなく走る

どうでもいい感じで過ぎる
知らない街のサイン
たいした意味などないよ
時間は売るほどあるよね
あくびが出るくらい
何かが変わる気配、、気配はない

いくらで手に入れたの
おれも愛車が欲しい
丸みのある流線型に
憧れるのさ

いつか自分も思うままにハンドル握りたい
壊れそうでも遅くても
気を失うまで drive

やるせない感じはどんよりと
終わりが見えない
休日の風景は地獄
尽きる事ない悩みにゃ
蓋かぶしたまんま
明日は明日で辛い、、

夕方前に駅前にポトンと落とされて
いつもの通りなのに途方に
暮れたのは何故

どうでもいい感じで過ぎる
知らない街のサイン
たいした意味などないよ

頭の真ん中をよぎる
懐かしい人のボイス
消去してしまおう今、、今は

ひたすら思い浮かべる
まばゆい程のホワイト
風を跳ね返して走る、、走る