青春とは – In the Soup

とじこめられた 夕暮れ空に
拾った小石 投げ込んだ
川沿い堤防 長い影を
振り切るように 一人で走った

背中なでられ 暮らせるほどに
まだ何も終わっちゃいないさ
ぬぐい去れない 悲しみなら
そっと抱いて 走ってやれ

嗚呼 青春とは
言うならば ゆらゆらと大海原を
嗚呼 揺られながら
旅をする 孤独な小船の話
何もなくていいじゃないか
何も見えなくたって
行こう

途方に暮れて 見上げた空は
浮かべた夢を はかなく消した
それでもまた 流れ続ける
時の中で 一人で叫んだ

嗚呼 光と影
つきあげる衝動に身をゆだね
嗚呼 揺られながら
誰もが 欲望の海を渡る
何もなくていいじゃないか
何も見えなくたって
行こう

取り残された 淋しさ達が
振り向く度に 笑う

嗚呼 青春とは
言うならばゆらゆらと大海原を
あぁ 揺られながら
度をする 孤独な小船の話
嗚呼 青春とは
情炎の小船の話
嗚呼 青春とは
何もなくていいじゃないか
何も見えなくたって
行こう